--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.17

高速道路の走り方

高速道路を苦手としている人はたくさんいます。日常的には車を使わないサンデードライバーに多いのですが、休日に遠出をしたり、大型連休に家族で帰省したり、高速道路を使う機会はゼロではありません。

しかし周囲には当然ながら他の車も走っていて、流れのスピードが高く、ちょっとしたミスから重大事故に発展しやすいもの。家族の安全を考えれば、苦手では済まされません。
 
ただ、勘違いされやすいのですが、高速道路は一般道路よりずっと安全です。
基本的には信号も歩行者もいない自動車専用道ですから、走りやすくて当然。スピード以外に関しては、むしろ初心者向けかもしれません。高速道路に苦手意識があるのは、単に普段と違うスピードが怖いだけなのです。
 
そう考え方を変えてみると、高速道路の対策はそれほど難しくありません。車同士の関係だけに集中できるので、高速道路を上手に走ることができるようになれば、本当のエコドライブについて理解を深めることもできるでしょう。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
08.17

なぜ合流が難しいのか

高速道路で一番難しく、苦手な人が多いのが合流です。インターチェンジやサービスエリアから本線への合流は、高速道路を走る上でどうしても避けられません。
 
最初に最難関がやってくるのですから、高速道路が苦手になるのも無理はありません。毎回ヒヤヒヤしながらエイヤッと本線へ移っている人が多いのではないでしょうか。でもそんな運試しを繰り返していては、いつか不運なときに事故に遭います。たった一度の不運な事故で命を落とすのが自動車ですから、是非とも上手になりましょう。コツが分かれば大して難しくありません。
 
ではなぜ合流が難しいのでしょうか。要するに怖いのです。
本線は100km/hくらいで車が流れているのに、加速レーンにいる自分は40~50km/h前後。このスピードの差が怖いのです。
 
通常の感覚ですと、スピードが低いほど安全な気がします。だからこそ、危険を感じたら反射的にブレーキを踏むのです。追突防止の自動ブレーキはあっても、危険回避のため勝手に加速したりはしません。安全のためにスピードを落とすのは、ごく自然で大切な動きです。
 
しかし「スピードが低いほど安全」というのは、実は誤りです。正しくは「スピード差が小さいほど安全」です。
 
一般道では、ぶつかると危ない相手は自分より遅いものがほとんど。歩行者も自転車も車よりは遅いですし、ガードレールや電信柱などの動かないものは0km/h。対向車は反対向きに近づいてくるので、差を考えるときにはマイナスのスピードとなります。つまりこちらのスピードを下げれば下げるほど、相手とのスピード差も小さくなるので安全になります。同方向の流れでは、普通はどの車もだいたい同じくらいのスピードで走っており、一般道ではスピード差自体がそれほど大きくないので、大して怖くありません。
 
唯一、同方向に走る車のスピードが自分より高い場合のみ、こちらがブレーキを踏むとスピード差が大きくなります。具体的には、猛スピードで後ろから迫っているのに気付かず、のんびり車線変更してブレーキを踏んだ場合です。急ブレーキで後続車が止まれればよいものの、重大事故や玉突き事故の危険性が非常に高い状況です。
 
高速道路の合流では、この危険な状況を強制されるに近いのです。
加速レーンにいる自分より、遥かに速い流れの中に入って行かなくてはなりません。自分のスピードが低いほど、本線を走る車とのスピード差が大きく、危険となってしまいます。しかも本線の流れの方が優先されるため、加速して合流するのは義務。本線走行車線の車が追い越し車線に移らず、進路を譲ってくれなかったとしても、責任転嫁はできません。
 
危険を感じたらスピードを弱めてしまうクセがついている人にとって、スピードを出さないと危険というこの状況は恐怖です。日頃高速道路に乗り慣れていない人ほどその傾向があり、アクセルも十分に踏みこめません。
 
結果的に、スピードが足りず本線との速度差がありすぎて合流できず、ますます怖くなって加速レーンの端まで辿り着いてしまい、ブレーキ踏んで停止となります。これ以上加速する余地のない場所で0km/hになってしまったら、他の走っている車とのスピード差は最大。本線や加速レーンから近づく車が相当長い時間いなくならない限り、ちょっとやそっとでは身動きとれません。
 
つまり高速道路の合流が難しいのは、加速しながら車線変更しなくてはならないからで、要するに、きちんと加速できないからです。逆にいえば、ちゃんと加速することができれば、難易度は大幅に下がるのです。
Comment:0  Trackback:0
2014
09.06

合流加速の絶対条件

きっちり加速できればスムーズに合流できます。ではその前段階として、きっちり加速するにはどうすればよいでしょうか。
実はこの部分こそ合流のキモなのですが、そう認識している人が意外と少ないのです。
 
加速したければ、そのためのスペースが必要です。絶対に必要です。加速したら前に進むので、前方にスペースが必要です。速度が高いので広く必要です。つまり、前の車との車間距離を十分広くとっておかなくては、加速などできるはずがないのです。
 
少しでも早く合流しなければとついつい焦り、前の車についついピッタリ貼りついてしまうのが、やってしまいがちな大間違い。これでは前車と同レベルまでしか加速できません。もし前がおっかなびっくりでなかなか加速しない人だったら、後ろの自分もお付き合いして、加速レーン最後で停止する羽目に陥ります。
 
もし前が上手に加速する人で、こちらもアクセルを踏めたとしても、本線で2台続けて入れるスペースがあるとは限りません。前の車は本線に合流できたけれど、自分は加速だけしておきながら本線に入り込めず、急ブレーキで停止の憂き目をみる・・・なんてことも起こります。
 
高速道路で合流するためには、本線の流れを確認しなくてはなりません。それなのに眼の前が詰まっていては、追突しないかという前車のプレッシャーに悩まされます。当然アクセルを踏むのを躊躇しがちで加速できませんし、前方に注意が削がれていては、ハイスピードな本線の流れを確認できず、滑り込む空間を見つけるのは至難の技です。
 
ですから、高速道路の合流が上手くできず、苦手意識を持っている人は、加速レーンに入るまでのカーブあたりで、まず眼の前のスペースを十分に広くとるようにしましょう。(遅すぎるカナ?)と感じる40km/h程度の速度制限を守ってやれば、難しくはありません。
 
前車が速い車なら勝手にスペースが広がります。問題は、前の車が遅いときです。ついつい追いついてしまいそうになりますが、煽ってもスピードアップする訳でもなく、加速スペースを確保できなければ困るのは自分の方。ジッと我慢して、きちんと眼の前のスペースを広くとりましょう。むしろ、前が遅そうなときこそ、前車が万が一止まってしまっても自分はなんとか本線に合流できるよう、敢えて車間を広くとるべきなのです。錯覚しやすいのですが、この点を守るだけで合流なんてウソのように簡単になります。
 
なかなか加速できない車にピッタリくっついて煽った挙句、悪態をつきながら自分だけフル加速でなんとか合流し、自分は運転が上手いんだとホザいている人がよくいます。
 
冗談じゃない。
ピッタリ後ろにつかれたらルームミラーの視界が塞がれて後方確認ができないし、煽られたら誰だって焦ります。実際に前車が上手くないのかもしれませんが、ならばそれをサポートするような動きをするのが真に上手なドライバー。ただでさえ苦手な合流を更に邪魔して危険を助長するようなのは、下手中のド下手。自分だけが上手いと錯覚しているただの自己チュー。
 
ですから、もし前方のスペースを十分にとって煽られても、気にする必要は全くありません。結局は一台ずつ確実に合流していかなくてはならないのです。まずは自分がきっちり加速し、確実に合流することを考えましょう。
 
車間距離を広めにとって前車の束縛から逃れ、自分の思った通りに速度管理するのは、エコドライブの基本中の基本でもあります。高速道路の合流では、加速しながらという条件がつくので、その重要性が否応なしに高まり、ほぼ必須。合流を何度か試して車間距離の大切さが身に染みれば、エコドライブの上達にも役立つでしょう。
Comment:0  Trackback:0
2014
09.20

入るのは『後ろ』

十分な車間距離をとり、前車のプレッシャーがなくなったら、合流のための本線確認です。
 
本線を流れるスピードを確認するために、できれば早い段階で本線の流れをチラッと見ておきます。これは加速レーンに入る前のカーブでやっておきたいところ。道路の形状によっては見えないこともありますが、トラックの屋根だけでも見えればOKです。渋滞してノロノロ動いていればこちらも加速の必要はありませんし、本線がハイスピードならばしっかりアクセルを踏まねばなりません。それを確認し、大雑把に心づもりをしておくのが目的なので、ここではまだ(どこに入ろう)などと考えなくて大丈夫です。仮に確認ができなくても、先に進めば分かることなので、気に病む必要はありません。
 
さて、加速レーンの入口に来たら40km/h程度の速度制限が終わります。この辺りではもう本線の確認ができるでしょう。前方にスペースが十分あれば、前の車に追突する心配はほとんどありませんから、隣を走る本線を確認し、入り込む場所を決めてスピードを調節することに専念します。
 
ここで意識しておくべきなのが、本線を走る車の方がこちらよりずっと速いということ。遥か後方にいるように思えても、あっという間に追いついてきます。例えばこちらが50km/hで本線が100km/hならば、その速度差は50km/h。秒速になおすと13.9m/s。こちらが加速せずにチンタラしていたら、たった1秒で14mも差を詰めてくる計算です。
 
本線の流れが速いということは、まさに合流の怖さの源ではありますが、それを逆手にとって合流するのが実は簡単な方法なのです。
 
まずはルームミラーで本線の後方を、サイドミラーで右斜め後ろを確認。そしてこちらより少し後ろに位置する本線走行車を見つけ、ターゲットとします。横ではなく後方の車。これが本線との速度差を考えた合流のポイントです。
そしてまずターゲットの後ろに入ることを目指します。前ではなく後ろ。ここがミソです。
 
合流に限らず車線変更を苦手とする人は、他の車の前に入る感覚で車を動かしてしまいます。いや、ほとんどの人がそうでしょうか。しかしこれが実に最悪なのです。
 
自分より後ろにいる車なので、なんとなくその前のスペースに入り込める気がします。(自分の方が前にいるのだから、先に行って当然)という感覚です。しかし残念ながら、本線を流れる相手の方がずっと速いスピードで走っている。こちらが頑張って加速してもすぐに並ばれてしまうのです。
 
こうなると車線変更は単なる幅寄せの嫌がらせ。なんとか入り込めても相手の鼻先です。無理やり入り込まれて急ブレーキを踏まされて、相手も穏やかではいられません。よくてクラクション、最悪の場合重大事故。
そうなってはいけないので大抵の場合は車線変更ができず「前に入れてくれなかった」とボヤくことになるのです。
 
合流時に限りませんが、自分の前に他人が入ってくるのは誰だってイヤなんです。これは人間の性(さが)。前に入れてもらえなくてボヤく人だって、いざ自分が前に入られる立場になればやっぱりイヤなハズ。毎度喜んで前を譲ってあげるような聖人君子では、いつまで経っても前に進めず、後ろからクラクションの嵐でしょう。
 
前に入られるのは誰だってイヤ。つまり前に入ろうとするのは難しくて当たり前、入れてくれなくて当然。本線の車の前に入ろうとするのは、わざわざ合流を難しくしているようなものです。

しかし自分の後ろに入られて文句を言う人はいません。気にも留めないかもしれません。つまり簡単。だから『自分より後ろにいるターゲットの、更に後ろに入る』ことをまずは目指すのです。
Comment:0  Trackback:0
2014
11.12

前に入るならサッサと

高速道路の合流では『自分より少し後ろにいるターゲットの後ろに入る』ことをまず目指します。しかし、いつでもこのような合流になるとは限りません。
 
当たり前の話として、ターゲットとなる車がいなければ、そもそも前も後ろもありません。本線上に車が全くいないときは、何の工夫も不安もありません。サッサと本線に入って万事OK。これは特に説明の必要はないでしょう。
 
この入り方で一番難しいのは、上手い具合にターゲットに抜かれること。こちらが前を譲るつもりでも、相手が同じように受け取るかどうかは分かりません。親切なドライバーなら先を譲ってくれることもあるでしょう。その見極めが最も難しいのです。双方が譲り合って並走を続けた挙句、どちらかが急加速もしくは急減速、なんてことじゃお互いにギクシャク。何より危険です。
 
『自分より少し後ろにいるターゲットの後ろに入る』のは基本ですが、状況によっては前に入ることも当然あります。
 
無理なく抜いてもらうためにまず、あまりに後ろの車はターゲットにしないこと。加速レーンに入る時点で、車内のルームミラーに小さく映るような遥か後ろの車だと、抜いてくれるかどうかの判断は難しい。どれくらいのスピードなのか分かりませんし、(前に入れてやろう)と考える可能性も高いでしょう。こんなときに意地でも後ろに入ろうとノロノロしていたら、むしろ迷惑で危険です。
 
ルームミラーに大き目に映る車であっても、あまりスピードを出さず、つまり加速レーンのこちらとの位置関係があまり変化しないような場合には、前を譲ってくれているのかもしれません。そう感じたらありがたく前に入らせてもらいましょう。
 
ここからがとても重要です。
 
アクセルをしっかり踏んで、きちんと加速します。エコドライブ以前の問題として、安全のためにそうしなければなりません。
他の車の前に入るときは、加速レーンで一気に本線と同レベルのスピードまで上げ、目視とサイドミラーで横に他の車がいないことを確認しながら平行移動するようにサッと合流します。さもないと、こちらより速く流れる本線の車が追突しそうなくらいに近づいたり、ときにはブレーキを踏ませてしまうこととなります。
もしターゲットが前を譲る気がなさそうだと分かれば、そのときは加速を緩め、改めて抜かしてもらえばよいのです。
 
このようなときにアクセルをしっかり踏まずチンタラするのはマナー違反。いや危険行為です。せっかく前を譲ってあげたのになかなか入って来ないのは腹立たしいもの。業を煮やして気が変わってしまうかもしれません。そうならないようキビキビ動きましょう。
急加速が怖いのか、本線に合流して加速どころかブレーキを踏んでしまう人がたまにいますが、言語道断。スピードが下がって気が落ち着くのかもしれませんが、その行為自体が逆に死を招いていると知らなくてはなりません。
 
具体的には、前に入ろうと決めた時点でウィンカーを出し、加速レーンの車線の右側(本線側)に寄りながらスピードを上げます。そうすることで前を譲ってくれたと思しきターゲットに対して(前に入らせてもらいますよ)と伝えるのです。ターゲットとの間に十分なスペースがあり、きちんと意志表示できれば、大抵は前に入れてもらえます。そしてターゲットが近寄って来ないのを確認し、本線へ車線変更して流れに乗るのです。
裏を返せば、そうなってからターゲットが嫌がらせのようにスピードを上げ、進路を塞がれてしまう人というのは、そもそもターゲットのスペースを考えず鼻先に入ろうとしているか、意志表示がヘタだということです。
 
このターゲットのスペースを把握するのに重要なのが、相手の確認をルームミラーで行なうことです。
 
本線を走る車は隣の車線を後ろから近づいてきます。ルームミラーの中では、最初は小さく見えた車がだんだん大きくなり、最終的に右へ消えていき、抜かれます。こうなるとサイドミラーや目視でないと相手が見えません。
 
サイドミラーで見えていれば自分より後ろなんだから、別にルームミラーでなくてもよいじゃないかと考えがちですが、ルームミラーに映っていない車の前には、残念ながらほぼ入れません。多くの人が認識していませんが、まず、無理。なぜなら、相手からはこちらのことが見えていないから。
 
ルームミラー越しに見える像は、必然的にリヤ(後部)ガラスを通して見えている訳で、リヤガラスは車幅に匹敵するくらいの横幅があります。少なくとも、後方の視認性を高めるためにできるだけ広いのが普通です。
ということは、ルームミラーで相手が確認できない位置関係では、相手の前方にこちらの姿がない。つまり相手からこちらの車体が見えない状況なのです。
 
もちろん相手が横を向いてくれれば気付いてもらえます。しかし車は前に進む乗り物なので、一番注意を払っているのは前方。ましてや高速道路ともなればスピードが高く、一般道以上に視界が狭まっていて、斜め前にあまり注意が向いていないと考える方が確実。つまり、相手に期待すべきではないのです。
 
まとめると、
ルームミラーでかなり後方にターゲットがいて、こちらが前に入ってあげた方が良さそうな場合には、キッチリとスピードを上げてサッサと入る。
目視やサイドミラーでないと確認できないくらい相手が近くにいるならば、その後ろに入る。
ルームミラーで大き目に相手が見えるときには、相手の動向にあわせる。
といった感じです。慣れてくれば、早い段階でターゲットを定めておいて、加速レーンで中途半端な位置関係になって迷ったりしないような位置取りが可能になるでしょう。
 
前に入るときにはウィンカーで合図するとともに加速レーンの右側に寄っていき(車線変更しますよ)という意思表示を暗に示します。

後ろに入るつもりならば、相手と並ぶくらいまではウィンカーを出さずに加速レーンの中央か左寄りを敢えて緩やかに加速し(どうぞ抜かしてください)との雰囲気をつくります。


こうしたホンのちょっとした動作の工夫でも、結構相手に伝わってスムースな合流ができるものです。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。