--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.31

エコドライブとは低燃費運転のことではない

大抵の人は『燃費よく走るため』にエコドライブするんだと思っている。しかしそれはエコドライブの一部分でしかなく、低燃費運転がエコとは限らない場面などいくらでもある。実際に燃費くらいしか目安となるものがないから、つい勘違いしてしまうのも仕方がないが、あまりこの数字にこだわってしまうようだと困る。

そもそも『燃費よく』とは何なのか。「そりゃ、少ないガソリンで長い距離走ることだろ。」誰でもこう言う。ガソリン1Lで何km走れるか。要するに最近の車なら普通についてる燃費計の数字○○km/Lってワケだ。この数字を0.1でも上げようと必死こいて色々工夫するのが、世に言われるところの低燃費運転であり、エコドライブなのだと思われている。

だがこの大前提、ハナから間違っている。

考えてもみてほしい。車で走るってのは、車という機械を移動させることでもあるが、それは大抵の場合メインではない。乗ってる人なり載せてる物なりを目的地まで運ぶために車を使うのだ。ゴールまでは様々なルートがあって、どの道を選ぶかで当然ながら距離も変わる。Lあたりの走行距離を小さく抑えて燃費が良いと言ってみたところで、目的地まで長い距離走ってるんじゃ、結局のところ使うガソリン量は多くなってしまう。山手線で例えれば、東京駅から隣の神田駅へ行くだけなのに、わざわざ輪っかを逆回転して品川渋谷新宿池袋上野と辿って遠回りしてるようなもんだ。同じ金額で長い距離乗れるかもしれないが、何の得があろうか。これを首都高環状線でやろうもんならガソリンの無駄遣いも甚だしい。高速使って燃費の数字が多少向上したって、そんなもの気休めにもならない。

つまり真のエコドライブとは『できるだけ少ない燃料で目的地まで辿り着く』ことだ。

この『目的地』という概念、エコドライブの話となるとどういう訳か忘れ去られがちなのが不思議だ。こんなのすごく当たり前のことなのに、なぜ○○km/Lなんて効率ばかり気にするのか。車に限定せず移動手段をいろいろ比べてみればよくわかる。東京から大阪までどう行くか。新幹線か。車か。高速バスか。船か。はたまた飛行機なのか。スタート・ゴールの場所や所要時間、運賃、労力などを総合的に考えて、一番良さそうな選択をするはずだ。飛行機だといくらかかって何km飛ぶから、kmあたりの値段が・・・なんてこと気にする人間はどこにもいない。しかも車を除けば、目的地までの運賃や時間はだいたい決まっている。だったら車でも、目的地までどれくらいの時間とお金(ガソリン代も含めて)がかかるかトータルで考えるのが当然じゃないか。

ただ車という機械から『燃費』を考えたら、使ったガソリン量と走った距離とで計算する以外に方法がない。だから○○km/Lなんて数字で機械の効率を比べるのも仕方ない。でも本来エコドライブは目的達成の効率で考えるべきなのだ。機械の効率ではなくてね。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
01.28

エコカーはエコドライブにあらず

現代はエコカー全盛。ガソリン価格が高止まりしていればもちろんだが、値下がりしても地球環境のことを考えたら、低燃費追究の流れが変わることはないだろう。車を買ったときガソリンが安くても、その後もずっと続くとは限らないし。

ただエコカーとエコドライブは完全に違う。ある意味では正反対だ。勘違いしてもらっちゃ困る。エコカーに乗ってりゃすなわちエコって訳じゃない。

確かに最近のエコカーはよく出来てて、誰がどんな風に乗ってもそれなりの低燃費で走ることができる。走り方が同じならエコカーの方が好成績。そういうものだし、そのためのものだから。でも車なんてそう頻繁に買い替えないし、年がら年中意味もなくマイカーを新しくしてたら、それは既にしてエコではない。新車で買った現在最新のエコカーだって数年すりゃ未来の最新車種に劣るだろう。13年もすりゃグリーン化税制で勝手に環境不適格の烙印を押される。車の性能で燃費が変わるだけだから、お金払って手に入れた時点で満足してしまう。エコカーでエコを語ろうったってその程度の一時的な情熱で終わるのだ。素晴らしいカタログ燃費で客を釣るエコカー商法はこの弱点を見事に突いている。

それに対してエコドライブは、運転の方法だけで燃費を向上させようというもの。車が何だろうが関係ない。SUVならSUVなりに。軽なら軽なりに。トラックならトラックなりに。もちろんエコカーならエコカーなりに。ハイブリッド車やEVに乗ってるからって、そこで満足してちゃダメなんだ。そこから始まるのがエコドライブであって、どこからでも始められるのがエコドライブなのである。

燃費の悪いミニバンやスポーツカーに乗る人を見下して、もっと燃費の良いエコカーに買い替えろと気軽に言う人が結構いる。このご時世だから当然といえば当然だ。国のエコカー補助金なんかもある意味その一環なので、まぁ仕方がない。そりゃもちろん元々の燃費がよい車、要するにエコカーの方が、節約できるガソリンやお金の絶対量は多い。しかし誰だって車を買う時には本人独自の要望があってその車を選んでいる。家族や荷物がたくさんなのに全てが乗り切らない小さな車を選んでも仕方がない。車での移動時間や空間を楽しむのに、スポーツカーや高級車でないと味わえない部分だってあるだろう。それなりの価格で車を買ってそれなりのガソリン代を負担する覚悟があってのことだ。本来ならば誰にも非難されるべき類のことじゃない。

そこで、どんな車であってもその車なりに燃費を向上させるエコドライブが重要なのだ。燃費は『車の性能』×『運転効率』。前者がエコカーなら後者こそがエコドライブ。ドーピングして車の性能を上げるより、自分のスキルが向上する方が楽しいし、大事。そういうことだ。「エコカー乗ってるから俺はエコドライブなんだ」なんて、ありえない。

Comment:0  Trackback:0
2015
01.17

エコドライブに失敗してもクヨクヨするな

エコドライブが簡単なのは間違いないが、それは車の運転の中では、という話。しかし残念ながら車の運転そのものがかなりムチャクチャな難易度。結果的にエコドライブにもそれなりの困難はつきまとう。逆に言えば、道路社会があまりにも厳しいもんだから、自分や他人の命や大切なものを守るためにエコドライブが普及してほしいって思いがある。実はエコよりその願いの方が強いかもしれない。

考えてもみてほしい。電車にせよ飛行機にせよ、運転手やパイロットだけで運転される訳じゃない。全ての位置関係を把握して指示を出し運行を管理する管制官など、バックに数えきれない人々の努力があるし、運転手自身も絶えずトレーニングを重ねている。線路内に不審者などが入らないよう柵だって設けられている。そうしてこそ安全な乗り物となる。

比べて道路社会のデタラメぶりはどうだ。車のすぐ脇をスマホに気をとられた人が歩き傘をさした自転車が走り、ドライバーも各々が好き勝手な目的地へ向かって思うがままに進んでいる。かと思えばいきなり気が変わって急に進路変更したりする。交差点ともなればあろうことか十字タコ足に進路が交わって、道がどうなってるのか一瞬悩む。カーナビも進化してきたが、周囲の車と一括して運行管理してくれる訳じゃない。プロの職業運転手でもなければ、常日頃から運転技術を磨いたりもしない。みんなアマチュアだ。大抵の人は日頃の安全点検だってロクにしない。こんな素人だらけの道路社会の中を命がけで運転しなきゃならないんだから、初めっからムチャな話なのだ。

エコドライブするのはお財布的にも地球環境的にも有意義なこと。だが(何が何でもエコドライブしなきゃ)と思い詰められても困る。エコな走りができなかったなんてことは現実としてしょっちゅう起きるし、運転操作そのものを失敗してクラクション鳴らされたとか、一瞬ヒヤッとすることも結構あるだろう。でもそんなこと後まで引きずっても意味がない。当たり前の話だが、車の運転は一発勝負。一度走ってしまったらもうやり直しは効かない。燃費がイマイチだったからって、もう一度スタートへ戻って走り直すヤツはいない。どちらにせよそのまま進み続けるしかないんだから、まずは今後の運転に集中することだ。クヨクヨしても全く意味がない。事故にならなきゃとりあえずそれで良し。その一瞬を無事に乗り切れた幸運に感謝し、似た失敗を繰り返さないための糧とすればよいのだ。その経験の積み重ねが今後に活かされる。

エコドライブが上手くできないからと諦めてしまう人が結構いる。だが、運転なんてもんはいつまで経ってもどんなに訓練しても上手くなるのは難しい。むしろ(自分は運転が上手い)などと慢心する方が怖い。上手くいかなくてトーゼンくらいに考えてても構わない。エコドライブは、心掛けること自体が一番大切なんだから。

Comment:0  Trackback:0
2015
01.12

エコドライブなんて簡単だ

エコドライブを難しいと思ってる人は多い。けれど、実はちっとも難しくない。むしろ簡単なくらいだ。なぜなら、楽に運転する方法がエコドライブだから。正確に言うと、楽に走る運転方法とエコドライブはほぼ同じなのだ。最近は私自身も歳をとってきて(というほど高齢じゃぁないが)、運転中に集中力を持続しにくくなったり、判断力が鈍ったなと感じることがよくある。しかし以前から取り組んできたエコドライブに助けられ、比較的楽に安全運転できていると実感する。エコドライブやってるからって、特に運転技術に秀でている訳ではないのだ。むしろ普通。若い人に比べれば体力気力も劣るだろう。体力的にもっと充実していた昔はこんなこと感じなかったが、いざ身体が衰えてくると、車を運転するってのは如何に大変で難しいか分かってくる。そう、難しいのはエコドライブではなくて、車の運転そのものなのだ。

(車を走らせるだけでも大変なのに、その上エコだの燃費だのに構ってられるか)ってのが、エコドライブを難しいと誤解してしまう最大の理由。あとは巷に溢れかえった、マコトシヤカに語られる怪しいデタラメ情報の洪水。いや、さすがにデタラメってのは言い過ぎかもしれないが、目的と手段を混同しているというか、要はまるっきり的外れなのだ。しかも多数派だってのが始末に負えん。これじゃエコドライブの知名度も信用度も上がらなくて当然。関心はあっても今まで実際には取り組んでこなかった人がいても、責める気にはなれない。

だが改めて言うが、エコドライブなんて簡単だ。それが、どこにでもいるだろう普通ドライバーの私が長年やってきた実感。確かにエコロジーだのエコノミー(要するにお金の節約)だのに多少は端を発したエコドライブだったけど、ずっとやってきてつくづく感じるのは、そんなエコとか関係ナシに、とにかく楽だってこと。エコはついでにもれなくついてくる。そのうえ安全だし、別に我慢を強いられる訳でもないし、ぶっちゃけ遅くもない。メリットは数多くあるのにデメリットがほとんど見つからない。それでも難しくちゃ仕方がないが、運転免許持ってる人なら誰でも理解できるし、少なからず効果を得られるはずだ。

ただしそのためには、身につけるのは正しい知識であるのが絶対条件。一般によく言われているエコドライブテクニックの多くは却って邪魔、というか誤解を招くので、そういった知識がある人は一度リセットしてほしい。もちろん中には正しくて重要な情報もある。伝え方が悪くて捻じ曲げられていることもある。大して意味もないのに如何にも大切と言わんばかりに喧伝されていることもある。そういった玉石混交の情報も、きちんとした理屈を踏まえた上で改めて眺めてみれば、(あぁそういうことか)と得心がいくこともあるだろう。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。