--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.31

独りよがりのエコはむしろマイナス

エコドライブというと、自分の燃費ばかり考えてしまうのが普通。いや、エコドライブに限らず、車の運転はエゴが出易い。あっちへ行きたいこっちへ行きたい。早く行きたい。競争してる訳でもないのに妙に抜かれたくない。抜かしたい。自分の車の燃費をよくしたいというのも、同様にエゴの一種である。語感が似ているせいではないんだろうが、エコとエゴは紙一重だ。車内はパーソナルな空間ということもあって、他の人や車のことまで気が回らず自己チューな別人格となってしまう人が少なくない。

だが、エゴを貫いても実は大して得しない。しかも全体で考えるとむしろマイナスで迷惑であることが多い。それがたとえエコを目的としたエゴであってもだ。

理由は単純で、自分だけの道路じゃないから。他に何もなく誰もいなければ好きなように走れるが、なかなかそうは問屋がおろさない。

車の運転とは、車という機械の操作法であると同時に、他の車や歩行者などと混じり自分がどのように動いていくか、つまり処世術でもある。前者ばかりが運転技術と思われていて陰に隠れがちだが、実は重要なのはむしろ後者の処世術の方だ。

数多くの人々の考えが交錯する中で、自分一人だけ好き勝手に動こうったって、そう簡単にいく訳がない。ふんわりアクセルだのアイドリングストップだの、自分の燃費を向上させようと頑張ってみるのはよいが、もし他人のことを省みない独りよがりの行動をとれば、他の車や人々との間に必ず軋轢を生む。後ろのことも考えず前の車にチンタラされたら、そりゃ誰でもイラッとするだろう。嫌がらせしてやろうって気にもなるし、無理やり抜かして鼻先に入ったり、実際にその手のことが起こる。

道路上の他者との付き合いは、その場限りの一期一会だ。気持ちがギクシャクしたら車の動きもギクシャクする。そうなってはエコドライブなんて上手くいく道理がなく、相手にも迷惑となって当然。せっかくのエコ意識がマイナス効果しか生まないのでは、残るのは虚しさばかり。それは決して本意ではないだろう。

ここまで読んで(つまりは他の人を思いやれって話でしょ?)と感じた人も多いだろうが、それはちょっと違う。誰にだって(こう動きたい)という欲求があるが、問題は、他者の欲求を無視して自分の欲求を通そうとしても上手くいかないってこと。これはまさしくエゴである。それよりも、一期一会の見知らぬ相手が考えてることを想像し、その欲求を自分の欲求とシンクロさせてやる方が、ずっとスムーズに走れる。自分が走り易くするために相手を気遣うのだ。別に相手のためだけにやる訳じゃない。もちろん意志疎通がうまくいかないことも時にはあるが、流れに任せているようで意外と自分の思った通りに走れるし、結果的には早く目的地へ辿り着けたりする。情けは人のためならず、だ。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
03.23

安全なくしてエコなどある訳ない

名前ばかりが知られるようになって、現実には大して社会に浸透しているようには思えないエコドライブだが、中にはいたくお気に召して趣味になっちゃう人がいる。趣味くらいならまだ良いが、何が何でもエコドライブ絶対主義までいくと困る。

当たり前の話だが、エコより安全の方がずっと大切。事故はエコの視点から見ても最悪だ。後ろが渋滞してしまうし、自分も目的地への到着が遅れるというデメリットが発生する。車が壊れてしまえば修理のためにお金と時間と資源がかかる。少なくとも何らかのダメージで車としての性能が落ちてしまう。怪我の治療も同様だが、治療できるレベルならまだマシ。車は気軽に簡単に運転できるから忘れてしまいがちだが、いとも容易く人の命を奪ってしまうツールであることを忘れてはならない。

エコドライブでガソリンを節約してプラス1のメリットを得たとしても、事故を起こせば自分だけでなく他者も含めてマイナス100000とかそれ以上とか、とにかく桁違いのデメリットが生じる。時間もお金も資源も、何もかもだ。だから、エコか安全か選ぶ場面に出くわしたら、無意識の内に迷わず安全を優先してくれなきゃ困る。

「そんなこと言われなくても分かってるヨ。安全よりエコをとるヤツなんていないよ」と誰もが言う。だが本当にそうだろうか?

たとえばエアコンで燃費が落ちるのを嫌がって、フロントガラスがくもったまま走ったりしてないだろうか。暑さ寒さを無理に我慢して体調を崩していないだろうか。エコドライブは我慢比べじゃない。ドライバーのパフォーマンス維持は最優先だ。

まぁ確かに、多少のガソリンをケチって自分の身をわざわざ危険に晒そうって人はいないだろう。少なくとも自分の身は。だが他人の身はどうだろうか。安全運転は何も自分だけのものじゃない。『良いこと』をしてるつもりのエコドライブに夢中になるあまり、知らずの内に他人を危険な目にあわせていないだろうか。

たとえば狭い道から幹線道路に合流したのに、「急加速は燃費の大敵!」とか言ってアクセルを踏み込むこともせず、後ろから近づいてきた車に急ブレーキを強いていないだろうか。エコドライブに変にハマった人が陥り易い落とし穴だ。後ろで事故が起きても自分だけは悠々と走り去る。こんなのエコじゃなくて単なるエゴドライブ。後ろがちゃんと止まり切れなきゃ自分が追突されることだって大いにあり得る。他人の安全は自分の安全にも直結していることも忘れて、どの面下げてエコドライブなのか?

本当のエコドライブは安全運転と共通するから、基本的に危険を避けられる。裏を返せば、安全を損ねてるようじゃ実際は全くエコドライブできてないってことなのだ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。