--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
04.30

その車、ホントに使わなきゃならんのか?

エコドライブは車の運転術だから、車を使うのが前提。そうでなきゃドライブにならない。その中で『なるべくエネルギーを使わず目的地まで辿り着く』ようにして、できるだけの省エネを心掛ける。エコドライブとしてできることはそれが全てだ。

しかし車とのつきあい方から考えてみれば、エコのためにできることはまだある。エコドライブ以前に『その車、ホントに使わなきゃならんのか?』である。

こう書くと(車じゃなくて電車やらバスやらの公共交通機関を使えとか言うんだろ)と思われるかもしれないが、そんな偉そうな話ではない。1~2分も待てば次の電車やバスがやってくる都会ならそれも可能だろうが、地方に行けば1本逃したら1時間先とかザラ。駅やバス停まで遠いだけならまだしも、そもそも路線がなければどうしようもない。車に乗らなきゃ生活が成り立たないのだ。つまり使わざるを得ない。公共交通機関の利用とか、恵まれた環境にある人が気軽に言うべきじゃない。

だがそれでも敢えて『その車、ホントに使わなきゃならんのか?』と問う。それは、人間は易きに流れるものだからだ。

車が必需品である人ほど、車を使うハードルは低くなる。例えば都会ではちょっと買い物に出掛けるだけでも駐車場代が結構かかるが、郊外では当たり前のように無料。渋滞の発生や家に一台置いとくだけの駐車場代だって段違いだ。

車の所有や使用のハードルが高い都会の人ほど「ホントに車で出掛けるべきかな?」と一歩立ち止まって考えられる。まぁそれは、別の選択肢があるからではあるけれど。

しかし日常的に車を使う人は、すぐそこの歩いて行けるコンビニにでも車で行ってしまう。無意識のうちについ車に乗り込んでしまう。「これは車を使うべきときなのか?」などとあまり考えない。車が必需品であるという観念の元、その日常性に馴れてしまいがちなのだ。

この馴れが一番怖い。エコドライブは小さな省エネの積み重ねだ。小さな無駄に対する馴れや(ほんのチョットならいいだろう)という小さな甘えが積もり積もって大きな無駄となるのが最大の難敵。しかも敢えて自覚しないとなかなか気付かないのが厄介だ。

車の使う使わないも同様。この選択はゼロか否かの選択であるため、正確にはエコドライブではなく、それ以前の問題なのだが、その効果、いや影響は他のエコドライブテクニックよりも実は遥かに大きい。だいたいにおいて、こうした根源的な部分が一番重要であって、アクセルをどう踏むとかの細かいテクは効果も些細なものなのだ。

車は生活必需品。だからこそ常に心の中で「今、ホントに車が必要か?」と自問したい。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
04.09

なるべく少ないエネルギーで辿り着く

エコドライブするのに、まずは目標を設定しておこう。最終的な大目標を掲げておいて、その達成のため小さな目標を立て、それぞれクリアしていくのが一番分かり易いし効果的。ただ実際には、クリアというよりも選択肢に近いことが多いだろう。目標はこうだけど、無理そうだから別の手段の中で最善を選ぶというような。車の運転は難しいし、100パーセント何もかも思い通りに事が運ぶ訳じゃない。次善の策、大いに結構。

それでは何をエコドライブの最も大きな目標に据えるか。

『温室効果ガスの発生を抑制して地球温暖化を食い止めよう』とか?心掛けは大いに結構。だが残念ながら、個人的なエコドライブの目標としては大きすぎる。そんなの社会全体で取り組まなきゃ無理だ。ドライバー個人でどうにかしようにも、エコドライブを社会に広めようとする努力まで要求されてしまい、日々の目標の域を超えてしまう。

そんな大袈裟なことではなく、単に『目的地までなるべく少ないエネルギーで辿り着く』ことを目標とすればOKだ。要するに省エネである。

≪エコドライブの評価は難しい≫で書いたように、実はエコドライブの効果ってのはなかなか実感できない。だからこそこんな単純なことを最も大きな目標にしておくのだ。また勘違いしやすいことだが、燃費の数字を良くするのと違うのも≪エコドライブとは低燃費運転のことではない≫で説明した通りである。

少ないエネルギーで走ることに異論はないだろう。その省エネという目標に向かって小さな工夫を重ねていくと、気がつけば大きな節約となり、最終的に財布や地球のためになる。

ただこの省エネというのがミソで、どんなエネルギーでも通用する。ガソリンでも軽油でも電気でも水素でも何でも、省エネの観点からすれば同じこと。つまりどんな車であってもエコドライブは変わらない。普通のガソリンエンジン車でもハイブリッド車でもディーゼルでもEVでも、今はまだ見ぬ未来の車であっても、エネルギー効率の差による細かな運転技術の差はあれど、エコドライブ自体に大差はない。なぜならば、車がするのは積んでいる荷物(もちろんドライバー等の人も含む)をスタートからゴールまで移動させる作業でしかないからだ。物を移動させるのに必要なエネルギーは基本的に同じ。エコドライブとは、移動を必要最低限のエネルギーだけで済ますべく、走行中に生じる無駄を極限まで削る作業に他ならない。どんな車であろうと無駄を削るという原則は当然同じなのだ。

なんだか難しそうな話になってしまったが、要するに目的地まで楽に行こうってこと。歩いたり自転車こいだり、人力で移動することを思い起こせばすぐ分かる。誰だって楽をしたいだろう。車という機械にもその楽をさせてやろうってだけのことである。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。