--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.30

相応しい靴で走ろう

自分の足で走ることを考えると、誰でも真っ先に思い浮かぶのは靴だ。ジョギングするなら最初にジョギングシューズを買う。走り易さに直結するから、多少奮発してでも身体にあった良いものを選ぶだろう。

車も同じ。ちゃんとしたタイヤを履いてないと走れない。燃費を重視するならエコタイヤを選べばよいし、冬に雪が降る地域ならスタッドレスタイヤ必須。冬に普通タイヤが危険なのと同様、夏にスタッドレスも使えない。季節や用途に応じて履き替えるのは、いつでもジョギングシューズで過ごせる訳じゃないのと同じだ。

タイヤは車の重みを一身に受けながら常に地面で擦られて酷使されるし、年数経てばゴムも劣化するから、それなりに更新が必要となる。決して安い買い物じゃないが、ジョギングよりも命に直結するだけに、安さだけでタイヤを選ぶのは避けたい。タイヤが違えば燃費の差もバカにならないから、日常的にかかるガソリン代に比べれば、少々高価なタイヤにしても損はない。タイヤがすり減って交換のサインが出たら、少々勿体ない気がしてもちゃんと交換しないと危険だ。交換の頻度を下げたければ、ちゃんとしたエコドライブでタイヤの負担を減らせばよいのである。

そうは言ってもタイヤの履き替えは多くても年に数度。それより日常のエコドライブにとって大きいのは、タイヤの空気圧だ。

特に空気圧が低いのはマズイ。しぼんだ風船の上に重いものを乗せたら、地面にベタっと貼りつく。そんなんじゃマトモに走れず危ないし、最悪バースト。燃費だって当然悪い。ベタベタの地面を歩くことを思い浮かべれば分かるだろう。

逆に空気圧が高くなると、路面からの抵抗が少なくなって燃費はよくなる。この路面抵抗を少なくするってのはエコタイヤの考え方と同じ。ただ高ければ高いほどOKではなくて、高すぎると路面に力を上手く伝えられず、逆に燃費が悪化したり、運転に支障を来すことにもなる。真ん中ばかり減るからタイヤの寿命も縮むし、ボンボン跳ねるボールに乗ってる感じだから、乗り心地も硬く不快になる。何事もホドホドが肝腎だ。

安全に燃費よく走るのに相応しい空気圧は、運転席ドアの柱かドアの隅に記されている。この数字にあわせるのが基本だが、10%くらい高めにしておくのがオススメだ。高速道路や重い荷物を載せるときなど、高めにすべき場面はたくさんあるし、燃費の向上も見込める。タイヤの空気圧は何をしなくても自然と減ってしまうから、低い空気圧で走ってしまう危険を回避する意味もある。極端に高くしなければ、乗り心地だって許容範囲だろう。

とにかく、すり減ったタイヤと空気圧の過度の低下は絶対に避けること。安全のためだ。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
05.11

まずはダイエット

車を使わなきゃならないという前提で、なるべく省エネで走る。できるだけ車に楽をさせてやるには、どこから手をつけたらよいだろうか。

車は人や荷物を目的地まで運ぶ道具で、その仕事量はぶっちゃけ物理の法則だ。別に細かい数式や定理を持ち出すつもりもないし、詳細に理解する必要もないが、仕事量には必ず重さが関わってくる。人間自身が荷物を運ぶのと全く同じ。荷物が重ければ大変だし、軽ければ楽。しかも車が走っている間ずっと影響する。

つまりエコドライブの第一歩は軽量化、すなわちダイエットなのだ。

車で一番重いのは、荷物や人よりも車自体。特にエンジンやバッテリー。車を買う時にカタログを比べれば気付くことだが、だいたいにおいて大きな車ほど燃費は悪い。それは重さが大きな原因。高級車ともなれば、まるでエンジンを運ぶためにでかいエンジン積んでるかの様だ。深く考えずに不相応に大きな車を買ってしまったり、使いもしないオプションを装着すると、次の買い換えまでその重さを引きずることになる。

しかしまぁ好きで買ってるんだし、日々のエコドライブとは別問題。人間で言えば体格の違いなので置いといて、日頃できる車のダイエットといえば荷物を減らすことだ。

やることは単純、簡単。無駄に積んでる荷物を小まめに降ろせばOK。最小限の必要なものだけ積んで、できるだけ身軽に走ってやれば、それだけ車も楽ができる。誰にでも分かるし、いや分かってるだろうし、当然すぎて異論も出ないだろう。

でも実はこうした『アタリマエ』ほど、なかなかできない。

重い荷物を積んだり定員フル乗車で坂道上ったりすれば車の負担を感じることはできるが、ドライバーの苦労は大して変わらない。楽ができると言ったって、動くのは車でエネルギー源はガソリンとかだから、今ひとつ実感がないのだ。

そのうえ、無駄な荷物ってのは、デカイのをドカンと載せれば意識もするが、大抵はちりが積もって山となる。ひとつひとつは小さな軽い荷物だから、つい(ちょっとくらい大したことない)と思ってしまう。しかしその甘えこそが命取り。知らない内に内臓脂肪のように溜まってメタボとなる。小さなことをしっかり意識してコツコツ改善していくのが、実は遠回りなようで一番近道なのは、人間のダイエットと全く変わらない。

ダイエットといえば、もちろん乗ってる人間も結構な重さがある。あまりに体重が多い人は、自分自身がダイエットするのもよいかも知れない。数度に一度でも車を徒歩に換えたなら、車でガソリンを使う機会自体も減って一石二鳥だ。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。