--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.16

ハイブリッド車という選択

エコカーの代名詞とも呼べるのがハイブリッド車です。ハイブリッド(hybrid)という言葉の意味からすればもっと幅広い組み合わせはあるのでしょうが、一般的にはエンジンとモーターという二つの異なった動力源を組み合わせた車を指します。

エンジンは負荷の大きい状況で力を発揮するため、発進時やアイドリング、低速走行時は効率がよくありません。そのようなエンジンが苦手とする部分をモーターでアシストもしくは肩代わりすることで、効率よく走り、燃費を向上させようというものです。ハイブリッド車にもいくつか方式がありますが、効率のよいエンジンの使い方をして燃費を稼ごうという思想は同じです。

ただ、ハイブリッド車は燃費がよいのでエコだと単純に考えてしまいがちですが、一概にそうとばかりは言えません。

一台の車にエンジンとモーター、燃料タンクとバッテリーの両方を備えているため、単純に重くなります。同レベルのエンジン車に比べたら、一割二割は重くなってしまい、その分タイヤや道路に与えるダメージは増加します。

システムが複雑になるので車を構成する部品数が増え、生産時点での環境への負荷はむしろ大きいということも覚えていてよいでしょう。また、システムが複雑になるほど故障のリスク増加の恐れもあります。

またエコノミーの方のエコに関しても、ハイブリッド車は同グレードのエンジン車に比べてかなり高価です。税制の優遇もあるものの、燃費の向上による節約で元をとろうと思うと、エコドライブで10万km以上の距離を走らなくてはなりません。もっとも、人気のハイブリッド車はリセールバリューも高いので、単純計算はできませんが。

そのあたりのことも踏まえた上で、ハイブリッド車の特性が自分のライフスタイルに適していると考えたならば、多少の高い買い物になったとしても、ハイブリッド車を選択するメリットは十分あります。日本の道路事情であれば、ハイブリッド車がオールマイティに使える人はかなり多いことでしょう。

逆に、ハイブリッド車が苦手とする使用パターンになる人は、高価なだけで効果が薄く、期待ハズレの車となってしまいます。ブームに乗らず、他の選択肢をとるべきかもしれません。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/11-d96b11d4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。