--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.19

ハイブリッド車の得意分野

ハイブリッド車が得意とするのは、何といっても市街地です。

信号や歩行者の横断待ちなどで一時停止が多く、ストップ&ゴーを繰り返す場面では、発進や低速を苦手とするエンジン車の燃費はかなり悪化します。ハイブリッド車ではそのエンジンの苦手部分をモーターが受け持ちますから、ガソリンの無駄遣いを抑えることができます。エンジンを止めてモーターのみで走る(EV走行)ことが可能な車種は特に有利です。

渋滞に巻き込まれてしまっても、基本的にアイドリングストップするハイブリッド車はさほど燃費が悪化しません。むしろ走行スピードが低いおかげで燃費が向上することさえあります。渋滞はハイブリッド車が活きる場面と言えるでしょう。

そうは言っても、車は走るためだけに電気を使うのではありません。エアコンやオーディオはもちろん電気で動かします。バッテリーの蓄電量が減れば、ハイブリッド車であっても停車中にエンジンを回し、アイドリングを開始して発電・充電するのです。それでも普通のエンジン車と比べれば、バッテリー容量が大きい分だけその頻度も低く、燃費の悪化は抑えられます。発電に特化してエンジンを用いる方式ならば尚更です。

スピードを落とすときに、エンジン車ではブレーキの熱として捨てていたエネルギーを再利用できる回生ブレーキも大きなポイントです。
これは通常の走行ではバッテリーの電力でモーターを回して車が進むところを、逆に、捨てていた減速する力で発電し、バッテリーに溜めこもうというものです。減速時のマイナスを削ろうとしても、エンジン車では(特別な装備がなければ)ガソリンを消費しない、いわばゼロまでしか工夫できません。それをプラスまで再利用できれば当然大きく燃費も向上します。

回生ブレーキは加速と減速がある程度織り交ざった走行だと活かされます。低スピードで加速したり減速したりする市街地や、もう少し速度の高い地方の幹線道路はこの条件によく当てはまり、多少のスピードアップダウンによる燃費悪化を吸収してくれます。
ただし急ブレーキになってしまうと回生ブレーキだけでは制動力が足りず、通常のブレーキとの併用になってしまいますし、加速の場面が増えるほど溜めた電力の消費も激しくなるため、全てカバーできると過信するのは禁物です。

ハイブリッド車はエンジンに加えてモーターとバッテリーも積んでいるので、それを最大限活かし、できるだけエンジンの仕事を肩代わりさせるのが運転のコツです。裏を返せば、エンジンが苦手とする低速走行こそハイブリッド車の得意分野だということです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/12-a5b6b067
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。