--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.19

ハイブリッド車のウィークポイント

エンジンとモーター、二つの動力を持つことがハイブリッド車の特徴であり、長所なのですが、このことは同時に欠点ともなります。単純に、かなり重くなるのです。
バッテリーを大きくすればたくさん蓄電して使えますが、比例して重量も増加するため、結果的に燃費の向上幅は狭まるというパラドックスに陥ります。

ハイブリッドという複雑なシステムを導入しておきながら、燃費が向上しないのでは本末転倒です。そのため軽い素材を使うなどして重量増を1.2倍程度に抑え、良好な燃費を維持するのが普通です。しかしシステムの複雑化に伴って部品数が増えるのに加えてハイテク素材を使えば、当然ながらコストに跳ね返ってきます。結果的に車両価格が上がり、長いこと乗り続けてようやく元がとれるというのがよくあるパターンです。

また、常にハイブリッド車のメリットを活かせられるならば幾分かマシで、それが難しい場面もあります。具体的には、ハイブリッド車は高速道路の巡航が苦手です。

高めの一定速度で巡航し続けると、常にエンジンがかかり続ける状態になるため、普通のエンジン車とエンジンの使い方は変わりません。するとハイブリッド車は車両が重い分だけ余計なエネルギーを消費し、燃費も悪くなるのです。
もちろん高速道路が渋滞すれば立場は逆転しますが、せっかく高速道路を利用して渋滞を望むのはおかしな話です。

そして、ハイブリッドシステムで重くなるということは、体積も増大します。すると必然的にエンジン車に比べればどうしても車内や荷室が圧迫され、狭くなってしまいます。常に載せる荷物がたくさんある人には大きなデメリットです。
流線型スタイルにして走行時の空気抵抗を減らした車が多いですが、荷室を増やして下手に空気抵抗を犠牲にすると燃費が悪化してしまうので、どのようなバランスにするかメーカーも苦労されていることでしょう。

どのような車でも当てはまることですが、ハイブリッド車に乗り換える前に、載せるべき荷物がきちんと積載でき、上げ下ろしが容易かどうかだけは確かめておいた方がよいでしょう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/13-56f58fbb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。