--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.25

EVの得意分野

Category: EV   Tags:燃費エコドライブEV
EVはスピードが低いほど燃費(ガソリン使わないので、本来は電費)が向上します。
その特徴はハイブリッド車以上に強くなります。低速域を得意とするモーターだけで動き、逆に低速域を苦手とするエンジンを積んでいないので当然です。

そのため、EVは非常に市街地走行を得意とします。
エンジンがないのでこのような表現はおかしいのですが、100%アイドリングストップしているため、信号などで停車している間のエネルギーロスがとても少なくて済みます。電気とガソリンの価格差を抜きにしても、エネルギー効率の点で優れているのは大きなメリットです。

また、停車中はもちろん走行中も非常に静かなうえに、排気ガスが出ないので、周囲の歩行者にとって最も優しい車と呼べます。静かで存在感がなさすぎるが故に、逆に事故の危険性が高まる面もありますが、大抵は長所と捉えられることが多いでしょう。市街地や住宅地を走るにはこの上ない車です。

環境性能で語られることの多いEVですが、走行性能もかなりのものです。むしろ別次元と申し上げてもよいくらい。静かにスーッと加速していく感覚は、まさに近未来的です。これは日産のショールームに赴いて、リーフにでも試乗してみていただければ、少なからず誰にでも感じられるのではないでしょうか。

走行性能の中でも特別すべきは加速です。アクセルを踏まず低速でトロトロ走れば非常に燃費を伸ばせる車であるにも関わらず、アクセルを踏み込めば狂ったような急加速も可能。モーターの特性上、停止からのスタートでも最初から大きなトルクを発生し、ものすごいGでシートに身体を押しつけられながら他車を置き去りにできたりします。

環境性能と走行性能。その両方でハイレベルの満足を得られるのが、EV最大の長所と呼べるでしょう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/16-f1204e7a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。