--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.20

入るのは『後ろ』

十分な車間距離をとり、前車のプレッシャーがなくなったら、合流のための本線確認です。
 
本線を流れるスピードを確認するために、できれば早い段階で本線の流れをチラッと見ておきます。これは加速レーンに入る前のカーブでやっておきたいところ。道路の形状によっては見えないこともありますが、トラックの屋根だけでも見えればOKです。渋滞してノロノロ動いていればこちらも加速の必要はありませんし、本線がハイスピードならばしっかりアクセルを踏まねばなりません。それを確認し、大雑把に心づもりをしておくのが目的なので、ここではまだ(どこに入ろう)などと考えなくて大丈夫です。仮に確認ができなくても、先に進めば分かることなので、気に病む必要はありません。
 
さて、加速レーンの入口に来たら40km/h程度の速度制限が終わります。この辺りではもう本線の確認ができるでしょう。前方にスペースが十分あれば、前の車に追突する心配はほとんどありませんから、隣を走る本線を確認し、入り込む場所を決めてスピードを調節することに専念します。
 
ここで意識しておくべきなのが、本線を走る車の方がこちらよりずっと速いということ。遥か後方にいるように思えても、あっという間に追いついてきます。例えばこちらが50km/hで本線が100km/hならば、その速度差は50km/h。秒速になおすと13.9m/s。こちらが加速せずにチンタラしていたら、たった1秒で14mも差を詰めてくる計算です。
 
本線の流れが速いということは、まさに合流の怖さの源ではありますが、それを逆手にとって合流するのが実は簡単な方法なのです。
 
まずはルームミラーで本線の後方を、サイドミラーで右斜め後ろを確認。そしてこちらより少し後ろに位置する本線走行車を見つけ、ターゲットとします。横ではなく後方の車。これが本線との速度差を考えた合流のポイントです。
そしてまずターゲットの後ろに入ることを目指します。前ではなく後ろ。ここがミソです。
 
合流に限らず車線変更を苦手とする人は、他の車の前に入る感覚で車を動かしてしまいます。いや、ほとんどの人がそうでしょうか。しかしこれが実に最悪なのです。
 
自分より後ろにいる車なので、なんとなくその前のスペースに入り込める気がします。(自分の方が前にいるのだから、先に行って当然)という感覚です。しかし残念ながら、本線を流れる相手の方がずっと速いスピードで走っている。こちらが頑張って加速してもすぐに並ばれてしまうのです。
 
こうなると車線変更は単なる幅寄せの嫌がらせ。なんとか入り込めても相手の鼻先です。無理やり入り込まれて急ブレーキを踏まされて、相手も穏やかではいられません。よくてクラクション、最悪の場合重大事故。
そうなってはいけないので大抵の場合は車線変更ができず「前に入れてくれなかった」とボヤくことになるのです。
 
合流時に限りませんが、自分の前に他人が入ってくるのは誰だってイヤなんです。これは人間の性(さが)。前に入れてもらえなくてボヤく人だって、いざ自分が前に入られる立場になればやっぱりイヤなハズ。毎度喜んで前を譲ってあげるような聖人君子では、いつまで経っても前に進めず、後ろからクラクションの嵐でしょう。
 
前に入られるのは誰だってイヤ。つまり前に入ろうとするのは難しくて当たり前、入れてくれなくて当然。本線の車の前に入ろうとするのは、わざわざ合流を難しくしているようなものです。

しかし自分の後ろに入られて文句を言う人はいません。気にも留めないかもしれません。つまり簡単。だから『自分より後ろにいるターゲットの、更に後ろに入る』ことをまずは目指すのです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/24-b38d6ae7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。