--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.17

エコドライブに失敗してもクヨクヨするな

エコドライブが簡単なのは間違いないが、それは車の運転の中では、という話。しかし残念ながら車の運転そのものがかなりムチャクチャな難易度。結果的にエコドライブにもそれなりの困難はつきまとう。逆に言えば、道路社会があまりにも厳しいもんだから、自分や他人の命や大切なものを守るためにエコドライブが普及してほしいって思いがある。実はエコよりその願いの方が強いかもしれない。

考えてもみてほしい。電車にせよ飛行機にせよ、運転手やパイロットだけで運転される訳じゃない。全ての位置関係を把握して指示を出し運行を管理する管制官など、バックに数えきれない人々の努力があるし、運転手自身も絶えずトレーニングを重ねている。線路内に不審者などが入らないよう柵だって設けられている。そうしてこそ安全な乗り物となる。

比べて道路社会のデタラメぶりはどうだ。車のすぐ脇をスマホに気をとられた人が歩き傘をさした自転車が走り、ドライバーも各々が好き勝手な目的地へ向かって思うがままに進んでいる。かと思えばいきなり気が変わって急に進路変更したりする。交差点ともなればあろうことか十字タコ足に進路が交わって、道がどうなってるのか一瞬悩む。カーナビも進化してきたが、周囲の車と一括して運行管理してくれる訳じゃない。プロの職業運転手でもなければ、常日頃から運転技術を磨いたりもしない。みんなアマチュアだ。大抵の人は日頃の安全点検だってロクにしない。こんな素人だらけの道路社会の中を命がけで運転しなきゃならないんだから、初めっからムチャな話なのだ。

エコドライブするのはお財布的にも地球環境的にも有意義なこと。だが(何が何でもエコドライブしなきゃ)と思い詰められても困る。エコな走りができなかったなんてことは現実としてしょっちゅう起きるし、運転操作そのものを失敗してクラクション鳴らされたとか、一瞬ヒヤッとすることも結構あるだろう。でもそんなこと後まで引きずっても意味がない。当たり前の話だが、車の運転は一発勝負。一度走ってしまったらもうやり直しは効かない。燃費がイマイチだったからって、もう一度スタートへ戻って走り直すヤツはいない。どちらにせよそのまま進み続けるしかないんだから、まずは今後の運転に集中することだ。クヨクヨしても全く意味がない。事故にならなきゃとりあえずそれで良し。その一瞬を無事に乗り切れた幸運に感謝し、似た失敗を繰り返さないための糧とすればよいのだ。その経験の積み重ねが今後に活かされる。

エコドライブが上手くできないからと諦めてしまう人が結構いる。だが、運転なんてもんはいつまで経ってもどんなに訓練しても上手くなるのは難しい。むしろ(自分は運転が上手い)などと慢心する方が怖い。上手くいかなくてトーゼンくらいに考えてても構わない。エコドライブは、心掛けること自体が一番大切なんだから。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/30-ef6de3ea
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。