--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.28

エコカーはエコドライブにあらず

現代はエコカー全盛。ガソリン価格が高止まりしていればもちろんだが、値下がりしても地球環境のことを考えたら、低燃費追究の流れが変わることはないだろう。車を買ったときガソリンが安くても、その後もずっと続くとは限らないし。

ただエコカーとエコドライブは完全に違う。ある意味では正反対だ。勘違いしてもらっちゃ困る。エコカーに乗ってりゃすなわちエコって訳じゃない。

確かに最近のエコカーはよく出来てて、誰がどんな風に乗ってもそれなりの低燃費で走ることができる。走り方が同じならエコカーの方が好成績。そういうものだし、そのためのものだから。でも車なんてそう頻繁に買い替えないし、年がら年中意味もなくマイカーを新しくしてたら、それは既にしてエコではない。新車で買った現在最新のエコカーだって数年すりゃ未来の最新車種に劣るだろう。13年もすりゃグリーン化税制で勝手に環境不適格の烙印を押される。車の性能で燃費が変わるだけだから、お金払って手に入れた時点で満足してしまう。エコカーでエコを語ろうったってその程度の一時的な情熱で終わるのだ。素晴らしいカタログ燃費で客を釣るエコカー商法はこの弱点を見事に突いている。

それに対してエコドライブは、運転の方法だけで燃費を向上させようというもの。車が何だろうが関係ない。SUVならSUVなりに。軽なら軽なりに。トラックならトラックなりに。もちろんエコカーならエコカーなりに。ハイブリッド車やEVに乗ってるからって、そこで満足してちゃダメなんだ。そこから始まるのがエコドライブであって、どこからでも始められるのがエコドライブなのである。

燃費の悪いミニバンやスポーツカーに乗る人を見下して、もっと燃費の良いエコカーに買い替えろと気軽に言う人が結構いる。このご時世だから当然といえば当然だ。国のエコカー補助金なんかもある意味その一環なので、まぁ仕方がない。そりゃもちろん元々の燃費がよい車、要するにエコカーの方が、節約できるガソリンやお金の絶対量は多い。しかし誰だって車を買う時には本人独自の要望があってその車を選んでいる。家族や荷物がたくさんなのに全てが乗り切らない小さな車を選んでも仕方がない。車での移動時間や空間を楽しむのに、スポーツカーや高級車でないと味わえない部分だってあるだろう。それなりの価格で車を買ってそれなりのガソリン代を負担する覚悟があってのことだ。本来ならば誰にも非難されるべき類のことじゃない。

そこで、どんな車であってもその車なりに燃費を向上させるエコドライブが重要なのだ。燃費は『車の性能』×『運転効率』。前者がエコカーなら後者こそがエコドライブ。ドーピングして車の性能を上げるより、自分のスキルが向上する方が楽しいし、大事。そういうことだ。「エコカー乗ってるから俺はエコドライブなんだ」なんて、ありえない。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/31-01518b0a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。