--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.22

「走る」技術より「走らない」工夫

エコドライブは「ドライブ」という言葉がつきますから、車を運転する、つまり走るテクニックです。しかし車の利用法として考えますと、もう少し範囲が広くなります。

「車を使わない」という、運転以前の選択肢が前提として存在するのです。

車を使わずに同じ目的を達成できるのであれば(つまり目的地へ辿りつけるならば)、燃料費はゼロ。エコドライブでどんなに燃費よく走ろうとも、消費ゼロには敵いません。
現代は実際に物を動かさなくてもバーチャルで満たされることが多くなりました。手紙をわざわざ運ばなくてもメールで意志疎通が図れます。
穿った見方をすれば、ITは究極のエコドライブ、かもしれません。

そのせいもあってか、テレビのインタビューなどで「車なんて使わずに歩けばいい」「電車に乗ればいい」などと軽く答えている姿をよくみかけます。

でも、電車やバスなどの公共交通機関がない地域に住んでいる人はどうするのでしょうか。重い荷物はどうしましょう。郊外に住んでいる人は移動距離も長いので、行動範囲が常に徒歩圏内に限られてしまっては買い物もできません。最近はネットで便利に買い物できるじゃないかと思われても、その商品を手元まで運んでくれる配送業者は車を使います。

つまり、現代は車を使わずともかなりの用事が足せる便利な時代ですが、それでも「車を使うな」と強制するのは暴論なのです。非常に無責任な放言です。

ただ、たとえ車を使える状況であったとしても、使わずに済まそうとする工夫をするのは大切。むしろ最重要と呼んでも差し支えありません。
でも人それぞれ事情が異なり、そうとばかりも言ってられません。そこで「車を使わないのが理想だけれども、使わざるを得ない場合には、できるだけガソリンを節約しましょう」と登場するのがエコドライブなのです。

「走る」技術のエコドライブは、「走らない」工夫ができない場合に登場する次善策に過ぎません。エコドライブを目的とするより、まずは安易に車に頼らないよう心掛けたいものです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/4-d3f38523
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。