--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.21

最も重要なパーツを整備せよ

エコドライブは車の操作テクニック。ドライバーの思い通りに車を動かせなきゃ話にならない。そのためにまずは車の整備が大切だ。壊れた車じゃ燃費どころか自分の命さえ失うことにもなりかねない。当前だが車の整備は基本のキ。バスやタクシーなどの職業運転手だったら、日々の点検を怠ることはあり得ない。

では何の整備が一番重要か。車を機械として考えればまず地面と触れるタイヤだろうが、車社会を生きる者と車を捉えれば、ドライバー自身の健康が最も大切だ。センサーと判断と操作の全てを担うんだから、ドライバーこそ最も重要な車のパーツである。

その意味で大切なのは、当たり前だが、ハッキリした意識で運転すること。酒酔い運転はもちろん違法だが、過労運転だって同様に違法。居眠りするほど疲れた状態で運転しちゃダメだし、たとえ眠り込んでしまわなくても、注意力や判断力が低下した状態でまともに運転できる訳がない。そうならないように体調管理やスケジュール管理するのはもちろん、疲労を感じたら早目にきちんと休憩をとることだ。

いくら身体が元気でも、運転に集中しなければ同じこと。ハンドル握りながらスマホ眺めたりメール打ったり、死にたいとしか思えない。渋滞や信号待ちで動いてない時でも、他の車や歩行者の動きに注意を払わないと迷惑がかかる。自分だけでなく、周囲も含めて追究してこそ真のエコドライブだ。信号が変わったのに気付かず、前の車に置いていかれて慌てて急発進する光景をよく見かけるが、危険だしエコに反することは容易に想像がつくだろう。

ガチガチに緊張していたら上手に走れないし、すぐ疲れてしまうから、リラックスは大切。しかしリラックスと気を抜くのとは違う。1tを超える鉄の凶器を操作している自覚を持って、最低限度の緊張感と集中力は常に持ってほしい。ほしいというか、むしろ当然の義務だと思うのだが。

そのためには、きちんと運転姿勢をとれるシートポジションが重要になる。シートバックはなるべく立てた方が、身体の重みを腰で受け止められるから、長時間座っても疲れない。倒し過ぎは首肩腰が疲れるだけ。足元はブレーキペダルを一番奥までしっかり踏み込めて、なお引っ掛かることなくアクセルとブレーキを踏み替えられる位置。あとはハンドルの一番上を握っても腕が伸び切らないこと。逆に腕が曲がりすぎてハンドルを抱え込むのも×。これだと急ハンドルを切ることができない。

きちんとした着座姿勢をとれば、あとはミラーを調整するだけ。ルームミラーは首を曲げずに視線の移動だけで後ろを確認できるようにし、サイドは自分の車も映りこむように。さもないと遠近感が掴めない。つまりは教習所で最初に習う基本そのまんま、だ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/40-4a98bbd0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。