--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.01

全ての電装品はエネルギーを食う

今の車はあらゆる部分で電気を使う。これは電気で走るEVに限らない。霧状に噴射したガソリンに火花を飛ばして爆発させるし、ペダルの踏み加減だって電子制御。普段は気に留めないエアバッグやABS、自動ブレーキといった安全装備もそう。夜道を照らすライトや車内を快適にするエアコンだってもちろん電気。昔は手動だった窓の開閉だって今じゃパワーウィンドウだし、スライドドアさえも自動である。

電気は当然ながらエネルギーだ。EVなどは他から充電した電気を直接使うが、回生ブレーキを除けば、基本的にはガソリン燃やしてエンジンを回し、発電で得たエネルギーである。電装品を使うほど電力消費量が増え、その発電のためガソリンの消費量が増えるのだから、燃費が悪化するのはアタリマエ。裏を返せば、電気を使わなければ燃費は向上する。

ドライバーの知らないところで勝手に働くモノ、例えばエンジン制御や安全装備のセンサーなどは、動かし方に工夫の余地はない。車を動かしてる時間をなるべく減らすのみだ。

電気を食うと聞いてまず思い浮かぶのがライトだろう。車幅灯やルームランプを点けっ放しで一晩放置したら、いとも簡単にバッテリーがあがる。出掛けようとしてエンジンがかからず焦った経験を持つ人も多かろう。

ライトの中でも特に光量の多いヘッドライトは相当で、夜間に走るとそれだけで燃費が悪化するのはそのせい。100m先を見通そうっていうんだから当然だ。しかしその上を行くのがブレーキランプ。後方に注意を促すブレーキランプは、明るさもさることながら、使用頻度が半端なく高い。ペダル踏んで減速すれば点灯するし、信号待ちの間ずっと点きっ放し。JAFのサイト(http://www.jaf.or.jp/rservice/data/battery/tendency.htm)を見ても、この二つが電力消費量2位と4位を占める。ウィンカーや車内灯などの他のライトも、ヘッドライトやブレーキランプに及ばないものの、使えば当然それなりに消費する。

つまり、ライトの使用をできるだけ減らせればそれだけ効果アリ、ということ。

そうは言っても、真っ暗闇をライトも点けずに走るのはただの愚か者。ブレーキだって踏まなきゃならないし、ウィンカー出さず車線変更するのもハタ迷惑だ。何より安全最優先。ワイパーも想像以上に電気を食う(前述のJAFページで5位)が、これもライトと同様に、少々の燃費向上より視界の確保の方がずっと大切である。

ライトの工夫は「チリも積もれば~」というやつで、チッポケな積み重ねがものを言う。必要ないときに消す程度で工夫の余地は小さいが、トンネル出たら小まめに消すとかで、トータルでは結構違う。エコドライブといえばブレーキを踏まずに走るのが奨励されるが、ひとつにはライトの使用を減らす意味もあるのだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://simpleecodrive.blog.fc2.com/tb.php/41-d6db7aaf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。